鉄筋コンクリート建物解体

鉄筋コンクリート造の建物は、鉄とコンクリートを組み合わせてできているため、大変頑丈。
そのため解体工事は大掛かりなものになることが多く、粉塵や騒音への対策もより重要になってきます。
他の解体工事に比べ、高度な技術・手続きが必要になりますので、近隣の方の安全にも充分に配慮し、慎重に作業を進めていきます。

 

■解体工事のポイント

◎難易度の高い工事

剛強なコンクリートが、鉄筋と複合されているため、解体は容易ではありません。
大型重機を使用する必要があり、壁倒しなどの作業は危険を伴うことも。
当社では安全性、経済性、工期を考慮し、立地条件や周辺の状況に合わせて工法を選定しています。

◎他の建物解体に比べ、費用は割高

木造や鉄骨造の建物に比べ、解体費用は高額になる傾向にあります。
柱の本数や太さ、建物の構造によっても変わってくるため、充分な現地調査のうえ、お見積りを作成いたします。

◎自治体への届け出が必要

大型の建物の場合、通常の届け出に加えて「大規模改修工事着手届」や「特定建設作業届」の作成が必要。
届け出は原則として発注者本人が行いますが、委任状を提出していただければ、代行が可能です。
また、「建設リサイクル法」に基づき、資材の分別・再資源化を徹底します。

 

■鉄骨コンクリート解体の工法

◎圧砕工法

爪形の刃を持つ、圧砕機をショベルの先端に取り付けて、解体を行います。
コンクリート解体では最もスタンダードな工法で、騒音・振動も比較的抑えられます。

◎大型ブレーカ工法

圧砕機で対応しきれない、断面の大きな部材や、鉄骨鉄筋コンクリート造の建物には、大型ブレーカを使用します。
騒音や振動は大きくなりますが、作業効率が高く、大きさ・形状に関係なく解体できます。

◎ハンドブレーカ工法

重機が侵入できない場所での解体には、ハンドブレーカを使います。
部分的な解体や内部解体に適した工法で、熟練の技術が必要とされます。

◎転倒工法

外壁など高さのある構築物を転倒させることで、危険な高所作業を減らして、解体を進めることができます。
また、敷地の境界付近に外壁がつくられている場合、転倒により境界から外壁を離して作業できるため、周囲への影響を最小限に抑えられます。

一覧ページに戻る