鉄骨建物解体

店舗から住宅、マンションまで多種多様の用途を持つ鉄骨造の建物。
近隣環境はもちろんのこと、軽量鉄骨か重量鉄骨かによっても、解体の工法は変わってきます。
構造がしっかりしているため、安全を確保した施工計画を立てることが、工事の大切なポイント。
当社では、経験・知識を有した作業者を現場に配置し、近隣環境の保全に努めています。

 

■解体工事のポイント

◎騒音・振動の対策を充分に

鉄骨造の建物は屈強なので、解体作業時は振動や騒音が発生しやすくなっています。
近隣の方々にご迷惑をかけないためにも、解体作業時は建物を防音シートで覆ったり、廃材が飛散しないよう、充分な養生を行っています。

◎自治体への届け出が必要

大型の建物の場合、通常の届け出に加えて「大規模改修工事着手届」や「特定建設作業届」の作成が必要。
届け出は原則として発注者本人が行いますが、委任状を提出していただければ、代行が可能です。
また、「建設リサイクル法」に基づき、資材の分別・再資源化を徹底します。

 

■鉄骨解体の工法

◎ガス切断工法

金属を高い温度で酸化させ、その酸化物をガスで吹き飛ばすことで、鉄骨を切断します。
振動・騒音が少ないため、建物が密集している場所や、狭い場所での施工に適しています。

◎鉄骨切断カッター工法

油圧ショベルの先に、鉄骨切断カッター機を取り付けて解体を行います。
大規模な解体でも対応でき、速度も早いのがその特徴。高所作業も少なく済みます。

一覧ページに戻る